コロナ太り。。。。。。

コロナのせいで、家での食事の機会が増え

家から出ないために、お菓子の買い置き、出歩かないために、運動不足

ごろごろとする生活がつづき、、、

気が付けば、あれ?体重計が壊れたのかしら?なんてことになっていないですか?

体重も、貯金と同じで、摂取カロリーと消費カロリーの差で貯脂肪が増えていきますよね

貯金ならいくらでも欲しいけど、貯脂肪は、ちょっとどうにかしてほしいですよね

でもまず第一に考えてほしいのが、貯蓄つまり摂取カロリーを増やさないまでも、

減らす努力をしないで、貯脂肪は減る可能性は、かなり低いことはわかりますよね

この点が改善できれば、後は効率よく、消費カロリーを増やす方法を考えていくこと

そうすればこのコロナの日々でもダイエットは可能です。

でも家から出るのが怖いとか、人に会うのがと言われる人も多いし

コロナストレス、コロナ鬱で、食欲をコントロールできない人も多いでしょう

女性ならば、、

G1値の低い食材を、食物繊維とかとともにうまく組み合わせてこのコロナの時期

おうちごはんを頑張ってみましょう~

GIとは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、食後血糖値の上昇示す指数のことです。つまりこのGI値が高い食材を食べると血糖値が急上昇し、反対に、GI値が低い食材を食べると血糖値は緩やかに上昇します。

このことを利用して、よく炭水化物抜きダイエットをする方のことを聞きますが

炭水化物からとれる糖質は、体の速攻で即座にエネルギーになるだけでなく

脳を動かすためのエネルギー源として最も必要になるものです

ストレスがかかると、甘いものを欲しがるようになるのはこのためです。

だから、いくらいいといわれても炭水化物を摂らないダイエットは

このコロナストレスの中、精神衛生上もよくないので

極力避けて

抜くダイエットより、食材を選ぶダイエットを考えましょう~

塩の使い方一つでも、むくみだけでなく、ダイエットにもいいですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

春の訪れ?

次の記事

むーみんblog