コロナの影響の多さ

コロナが世界中に影響をし始めて早くも1年が過ぎつつありますよね

今までも色々な感染症が流行りそうになり、その都度ひやひやしながら

それでも何とかしのげて来ていたのですが、コロナはここまで来ても

まだ感染方法など、色々なことが分かっているようで、わかっていないのが現状です

でもこの中でワクチンができて、少しは光明も見えてきつつありますが

現実はインフルエンザのように、治療薬がでてきていないのです。

如何に広げないことが、大事で、どうすれば感染を予防できるか徹底した解析が

いつ出るのでしょう。今は手洗い・マスク・消毒

持ち込まない、広げない、と言った基本的なことなのですが

皆慣れてしまってなのか、仕方ないあきらめなのか、それ以上に生活の圧迫なのか

以前に比べて不用心になってきつつある感じがしています。

治療薬のめどが立つまで、変種のウイルスのワクチンが対応できるようになるまで

もう少し、この基本をできれば多くの人が守っていただければと願うだけです。

漢方薬を治療に用いた報告も多々出始めて、

マスコミでいくつか漢方薬の名前も出ましたが

治療よりもまず予防、まず広げないことの原則をもう一度、できればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

cat

次の記事

花粉症真っ盛り